スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏野菜がおいしい季節になってきた

IMG_4061.jpg

7月


紫陽花の色も増してくる

さて、梅雨はまだ明けないけれど、
夏野菜も旬を迎えるこの頃。

たまたまいただいた川田農園のお野菜
最近話題の無農薬でお野菜を作っている益子の農家さん
いろいろなお野菜の中にあった
食べたことのない、まんまるの黄色とうす緑のズッキーニ

うちにあった真っ赤なトマトとピーマンを合わせて
少しだけスパイスを利かせた夏野菜と鶏ひき肉の蒸し煮

1-IMG_4113.jpg


一晩寝かせるとさらにおいしく
冷たくてもおいしい

春夏秋冬
お野菜は大好きで
それぞれおいしさがあるけれど
夏はその味も色も
元気にさせてくれる力がある

これで夏を乗り越えられるようになってるなあと
つくづく思う
スポンサーサイト

そして逆転は必ずある

1-DSC_0727.jpg


やり直しがきかない人生

人生はやり直しが
きかないと思ってる

教室で教え込まれた
それは違ってると思う


ダメでダメでダメになったとき


もう一度はじめからじゃ
嘘臭いと思ってる


底から這い上がる
力を学びたかった


そして逆転は必ずある


人は弱い



人は強い


やり直しがきかない人生

そんな中に人は生きてる

やり直しがきかない人生だから

かっこいいと思ってる


『Red hill』 ASKA散文詩より


この詩を初めて読んだ中学生当時
ガツンと頭を殴られたような感覚を味わいながら
自分のまだ短い人生を振り返った
短いながらもずいぶん浮き沈みのあった今までを

そう、何か失敗したときとか
挫折したときとか
よく聞くのは
「イチからやり直せばいい」
という台詞

でもそれは確かにイチじゃない
自分はマイナスのところにいるのだ

そこから這い上がっていく
リカバリーしていくのは
とんでもなくパワーのいることである

「やり直す」
刷り込みみたいに言われ、誰もがそのように思っていたことを
見事に否定しながらも
それはダメなことだとするのではなく
力強く引き上げる言葉を綴る

何度となくこの詩に勇気づけられたことか
壁にぶち当たったり、
つまづいたりしたときに

そんな言葉の数々を世の中に送り出したあの人は
今どんなことを想っているのだろう

今まさにあの人はどん底にいるのだ
その底で自分の綴った言葉を思い返すことはあるのだろうか

伝えられるのなら伝えたい
「そして逆転は必ずある」

雨の日はお菓子作り日和

しとしと雨のもやもやした梅雨入り

雨の日の休日はパワーの有り余った娘とどう過ごすかが問題…

というわけで、そんな日はお菓子作り日和なのです

写真 5

うちのクッキーの定番はなかしましほさんのレシピをもとに
なかしまさんと同様、あまりお菓子にバターを使わず、
菜種油が基本。
で、国産小麦にきび砂糖があれば。

これ、わたしにぴったりなんです

材料代もかからず、下準備なし、片づけもラク
そして何より、おいしくできて、からだにも負担ナシ

今回作ったのはモカクッキー
珈琲とココナッツの組み合わせが絶妙

写真 6


生地はある程度作ってあげたけど
片抜きはもうおまかせ


写真 7


スマイルくんは竹串を駆使して書いてみました

できた~
焼き上がりが待ちきれないご様子の娘っこは
熱々を頬張りました

写真 8


<モカクッキー>
材料(作りやすい量)
薄力粉 150g
きび砂糖 30g
塩 ひとつまみ
ココナッツファイン 大さじ2
菜種油 大さじ3
インスタントコーヒー 小さじ3
 熱湯 大さじ1
 豆乳 大さじ2

那須 KANEL BREAD

0142eaf16b43590e7ecd7b5c7abe67405f67c57648.jpg

01ee842d9564ee779a672f42bd7e598f97cfced529.jpg

ちょっと前ですが
那須のKANELBREADに行ってきました。

前々から気になっていたので、念願の!

黒磯駅のまんまえにありました。
店構えからして好みなん感じだし、
のぞいてみれば
一番いいところにハード系がずらり
良い眺め、かっこいいなあ

平日でしたが、地元っぽいのお客さんや
遠くから来た方なんかでにぎわう様子

基本、国産小麦で自家製酵母も使用
ものによっては酵母を数種組み合わせたりして作っているようで。

ルヴァンやイチジクとクルミのパン
ブリオッシュ生地をアレンジしたようなスイートなパンを購入。

フランスの小さな村で作られている自然素材、無添加のワインも気になったけど
今回はちょっと我慢。

パンの味はもちろん好みなもので、
酸味も少なく食べやすい

那須方面に来たらまたぜひ寄りたいお店です。


KANELBREAD
栃木県那須塩原市本町5-2
0287-74-6825

いちご酵母のパンケーキ

写真 1

あれからアップをさぼりましたが
いちご酵母はこんな感じに使いました

いちご酵母のパンケーキ

ストレート種と粉、きび砂糖、卵、豆乳と混ぜ合わせて一晩

ちょっとふくらみが弱かったなあ
豆腐クリームと蜂蜜
フレッシュのいちごを添えていただきました

水なし・いちご酵母 できあがり!

1-写真

冷蔵庫で1週間
常温に置いて2日。
あれ、急に気温下がっちゃったから調子でない?
と思い、
急遽ヨーグルトメーカーとともに発泡スチロールへ。

冷蔵庫から出して3日目、
作り始めてから10日目でぶくぶくしてきました~

いちご酵母はかけ継ぎしないで
ストレートで風味と甘い香りを楽しみたいなあ

量も少ないので、さて何に使うべきか迷う



水なしでつくるいちご酵母

写真 2


旬ももうすぐ終わりのいちご

小さくて安いのが地元野菜コーナーに並んでいたので
早速いちごのコンポートといちご酵母に挑戦。

春が来るたび仕込むいちご酵母
あのホワンとしたあま~い香りがたまらない

そして今回は無水で酵母起こしに挑戦

いちごをつぶしておまじないの蜂蜜をちょこっと加えたら
あとは1週間冷蔵庫へ

うまくできるかな…

残ったパンをさらにおいしく パンプディング

1-DSC_0444 (2)


「みかげ完全に狂ってるね」

ていうのは『キッチン』に出てくるセリフ
確か主人公が日々料理に没頭し、作りまくってるのを見守る同居人が言うセリフだ

それに相当するくらい
相方がパンを焼く

最近じゃどうしても自家製ルヴァン種を起こしたので
それを使ったシンプルで高加水のパンを焼きたいらしく
同じ種類のパンがパンかごに山のようになっている

さすがにカサカサしてくるのもあるので
その前に冷凍保存もしたりするけど
こんな風にアレンジするのも好き


パンプディング

卵と牛乳(豆乳)が基本で
あとはいろいろあるものを放り込んで焼いてしまう
実に簡単で便利でおいしいスイーツ


写真 1


コツは一晩寝かしてしっかり卵液を染み込ませること
最初はアルミなんかでフタをして、最後にフタを取って焼き目をつける


写真 2

今回は林檎とレーズンを煮たものを
たっぷり混ぜ込む

軽食にもなる優れもの

白あんとココナッツのケーキ

1-DSC_0313.jpg


1-DSC_0439 (2)


白あんと大納言のパンのち

白あんとココナッツのケーキ

を焼いた。


小豆あんも私の食lifeに欠かせない
好きでたまらない食材のひとつだけど
いんげん豆の白あんも時々とっても食べたくなる。


で、相方が焼いてくれたパンの後に
ケーキを焼いた。

白あんが主役のほっこりとした和のケーキ。
でもほっこりだけでない、
シナモンとココナッツをプラスして少しだけアジアンな風味にする。
これは確実に珈琲でなく紅茶がいい。



<白あんとココナッツのケーキ>

材料(パウンド型1台)
白あん(甘みついてます) 200g
ココナッツミルク 25g
練乳 10g
卵黄 1個分
菜種油 45g
薄力粉 35g
シナモン 少々
<メレンゲ>
卵白 1個分
きび砂糖 15g
ココナッツシュレッド

・オーブン予熱180℃
① ボウルに白あんを入れ、ココナッツミルク、練乳、
  卵黄、菜種油の順に入れ、ゴムべらで混ぜる。

② ①に粉とシナモンをふるいながら加える。
  粉気がなくなるまでしっかり混ぜる。

③ 別のボウルでメレンゲを作る。

④ ②に③を一気に加え、切るように混ぜる。

⑤ 型に入れたら、ココナッツをトッピング。
  2回ほど型を落として空気抜き。
  オーブンを160℃に落として25~30分焼く

スパイスきかせたチャイプリン

1-DSC_0327.jpg


だいたい家で作るおやつは焼き菓子が多いけど
たまにはこんなスイーツも

スパイスのきいたスイーツはパウンドケーキとかクッキーとかも好き
いつだったか高山なおみさんの『記憶のスパイス』を読んだときに
異国の香りがしてきそうなあれはスパイスティーゼリーのレシピだったかな
あんな感じのものをずっと作りたい~と思いながら
やってなかったの

で、チャイ用のスパイスもそろってたし
生クリームもほかのもので使った余りがあったので
いざトライ

スパイスティーゼリーのレシピそのままではなく
少しアレンジ

結構ジンジャーとかカルダモンとかスパイシーな大人味かと思いきや
うちの娘でもおいしいと言ってぺろりと食べていた。

器はちゃんと陶器にしようかと思ったんだけど
娘のリクエストでこのプリンカップ

卵入りの蒸し焼きにするタイプでなく
ゼラチン使うのは簡単

でも本当にペロリなので
あまり食べると恐ろしいな


<チャイプリン2~3カップ)>

牛乳 200cc
水 25cc
生クリーム 100cc
練乳 大さじ1
はちみつ 大さじ1
きび砂糖 大さじ1
板ゼラチン 4枚
紅茶葉 小さじ2
お好みのスパイス 
ジンジャー、シナモン、カルダモン、クローブなど

板ゼラチンは水でふやかしておく
小鍋に水と茶葉を入れ沸かす。お湯が沸いたら
牛乳を入れて弱火で煮だす。
この時にスパイス類も加えて煮る。
牛乳は沸騰する直前に火を止め、
練乳、生クリーム、きび砂糖、はちみつを加える。
ふやかしたゼラチンも加えて溶かす。
ゼラチンが溶けたら、茶こしなどで濾して
ボールに移し、氷水でボールを冷やしながら
とろみが出るまで混ぜる。
とろみが出たらカップに入れ、冷蔵庫で冷やす。

お好みでホイップやはちみつ、シナモンなどをトッピングして
 
プロフィール

musoushokudou

Author:musoushokudou
シンプルにくらしたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。