スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いちご酵母のパンケーキ

写真 1

あれからアップをさぼりましたが
いちご酵母はこんな感じに使いました

いちご酵母のパンケーキ

ストレート種と粉、きび砂糖、卵、豆乳と混ぜ合わせて一晩

ちょっとふくらみが弱かったなあ
豆腐クリームと蜂蜜
フレッシュのいちごを添えていただきました
スポンサーサイト

残ったパンをさらにおいしく パンプディング

1-DSC_0444 (2)


「みかげ完全に狂ってるね」

ていうのは『キッチン』に出てくるセリフ
確か主人公が日々料理に没頭し、作りまくってるのを見守る同居人が言うセリフだ

それに相当するくらい
相方がパンを焼く

最近じゃどうしても自家製ルヴァン種を起こしたので
それを使ったシンプルで高加水のパンを焼きたいらしく
同じ種類のパンがパンかごに山のようになっている

さすがにカサカサしてくるのもあるので
その前に冷凍保存もしたりするけど
こんな風にアレンジするのも好き


パンプディング

卵と牛乳(豆乳)が基本で
あとはいろいろあるものを放り込んで焼いてしまう
実に簡単で便利でおいしいスイーツ


写真 1


コツは一晩寝かしてしっかり卵液を染み込ませること
最初はアルミなんかでフタをして、最後にフタを取って焼き目をつける


写真 2

今回は林檎とレーズンを煮たものを
たっぷり混ぜ込む

軽食にもなる優れもの

白あんとココナッツのケーキ

1-DSC_0313.jpg


1-DSC_0439 (2)


白あんと大納言のパンのち

白あんとココナッツのケーキ

を焼いた。


小豆あんも私の食lifeに欠かせない
好きでたまらない食材のひとつだけど
いんげん豆の白あんも時々とっても食べたくなる。


で、相方が焼いてくれたパンの後に
ケーキを焼いた。

白あんが主役のほっこりとした和のケーキ。
でもほっこりだけでない、
シナモンとココナッツをプラスして少しだけアジアンな風味にする。
これは確実に珈琲でなく紅茶がいい。



<白あんとココナッツのケーキ>

材料(パウンド型1台)
白あん(甘みついてます) 200g
ココナッツミルク 25g
練乳 10g
卵黄 1個分
菜種油 45g
薄力粉 35g
シナモン 少々
<メレンゲ>
卵白 1個分
きび砂糖 15g
ココナッツシュレッド

・オーブン予熱180℃
① ボウルに白あんを入れ、ココナッツミルク、練乳、
  卵黄、菜種油の順に入れ、ゴムべらで混ぜる。

② ①に粉とシナモンをふるいながら加える。
  粉気がなくなるまでしっかり混ぜる。

③ 別のボウルでメレンゲを作る。

④ ②に③を一気に加え、切るように混ぜる。

⑤ 型に入れたら、ココナッツをトッピング。
  2回ほど型を落として空気抜き。
  オーブンを160℃に落として25~30分焼く

スパイスきかせたチャイプリン

1-DSC_0327.jpg


だいたい家で作るおやつは焼き菓子が多いけど
たまにはこんなスイーツも

スパイスのきいたスイーツはパウンドケーキとかクッキーとかも好き
いつだったか高山なおみさんの『記憶のスパイス』を読んだときに
異国の香りがしてきそうなあれはスパイスティーゼリーのレシピだったかな
あんな感じのものをずっと作りたい~と思いながら
やってなかったの

で、チャイ用のスパイスもそろってたし
生クリームもほかのもので使った余りがあったので
いざトライ

スパイスティーゼリーのレシピそのままではなく
少しアレンジ

結構ジンジャーとかカルダモンとかスパイシーな大人味かと思いきや
うちの娘でもおいしいと言ってぺろりと食べていた。

器はちゃんと陶器にしようかと思ったんだけど
娘のリクエストでこのプリンカップ

卵入りの蒸し焼きにするタイプでなく
ゼラチン使うのは簡単

でも本当にペロリなので
あまり食べると恐ろしいな


<チャイプリン2~3カップ)>

牛乳 200cc
水 25cc
生クリーム 100cc
練乳 大さじ1
はちみつ 大さじ1
きび砂糖 大さじ1
板ゼラチン 4枚
紅茶葉 小さじ2
お好みのスパイス 
ジンジャー、シナモン、カルダモン、クローブなど

板ゼラチンは水でふやかしておく
小鍋に水と茶葉を入れ沸かす。お湯が沸いたら
牛乳を入れて弱火で煮だす。
この時にスパイス類も加えて煮る。
牛乳は沸騰する直前に火を止め、
練乳、生クリーム、きび砂糖、はちみつを加える。
ふやかしたゼラチンも加えて溶かす。
ゼラチンが溶けたら、茶こしなどで濾して
ボールに移し、氷水でボールを冷やしながら
とろみが出るまで混ぜる。
とろみが出たらカップに入れ、冷蔵庫で冷やす。

お好みでホイップやはちみつ、シナモンなどをトッピングして
 

酵母シフォンケーキ バレンタインのお返しに

写真

相方から一応バレンタインのお返しに…
ということで作ってもらった自家製酵母のシフォンケーキ

最近新顔の酵母スイーツをいろいろ試しているけど
どれも思い切りふくらみがいいとか、そういうわけではないけど
断然味わい深くなる
味、香り、
粉とか卵とかの風味だけでない
酵母が醸し出すものは、
なんとも形容しがたいものがあるけど
じんわりとおいしい

この日はちゃんと豆腐クリームも添えてくれた

シフォンはノンオイル
クリームは豆腐ベース
からだ想いで、しっかりおいしいシフォン

酵母スイーツ パンケーキ

1-DSC_0222.jpg

最近その味わいにはまっている酵母スイーツ

酵母が古くなってきたときなどにも使っていたのだけど、
ここのところちゃんと膨らませるために一晩おいている。
ベーキングパウダーなど使わなくても
それなりに膨らんでくれるし。

材料は
薄力粉 160g
強力粉 40g
きび砂糖 20g
塩 4g

Aストレート酵母 40g
 水 20g
 卵 1個
 豆乳 Aの水分が足して230gになるように計量

菜種油 15g

油以外の材料をよく混ぜて、最後に油を馴染ませて
ラップをして一晩おいて焼けばOK


ちなみにこちら無水鍋のふた。
フライパンよりむらなく焼けます。

写真

味わいは、やはり普通のパンケーキより
酵母独特の香りとうまみがほんのり
ポンデケージョみたいなもちっっとしたひき
これはやみつきになります。

こういう手作りのものを娘がおいしいおいしいと食べてくれると
クッ〇パッドで人気のホットケーキミックスなんかに負けないわよ
粉と酵母があればなんだってできるのよって
ちょっと強気になる 
やはり主となる粉は特に大事
国産小麦を使うというところは外さない

おいしさと安全さ
自然な小麦の味わい、素材の味わいを
小さなうちから感じられるようになってほしい。

便利な工場製品に頼らなくても
ちょっとの工夫をすれば
粉は何にだって変身してくれるのです

自家製グラノーラ バナナヨーグルト

1-DSC_1202.jpg

やっぱりグラノーラはHomemadeが一番。

最近の市販のはパフッとして軽すぎる。
むかしはK社のとか、がりがりして美味しかったんだけどなあ。

時代なのか。
やはりやわらかい、かるい、食べやすいものが求められるのは。

レシピはこちら
基本は…なんだけど、その時によって
だいたいで、入れるものが多少変わっても問題なし


オーブン焼き上がり

1-DSC_1192.jpg


今日はレーズンとクランベリーを混ぜて、できあがり

1-DSC_1195.jpg



バナナとヨーグルトとグラノーラは大好きな組み合わせ
おいしい朝を迎えられる

写真

黒豆で豆腐の葛プリン

1-IMG_3506.jpg

年末おせちにたっぷり煮る黒豆。
そのあとにいろいろとスイーツやパンに活用するのが実は楽しみ。

で、昨日はこんなスイーツにしてみた

IMG_3551.jpg


シンプルデそんなに難しくはないけど
葛を使うのは少しだけコツがいる
ダマにならないように
きちんと火を入れて粉っぽくならないように
ほとんど豆腐、豆製品をふんだんに使った
食後にも全然胃にふたんのないヘルシースイーツ

<黒豆の豆腐葛ぷりん>

黒豆(甘煮)100g
きなこ 適宜 

絹豆腐1丁(300g)
菜種油 30cc
練りごま 小さじ1/2
きび砂糖 30g
豆乳100cc
葛15g

①豆腐は水切りし、
②①と油、練りごま、きび砂糖、をフードプロセッサーで滑らかになるまで混ぜる。
③豆乳と葛を混ぜ合わせ、2に加え、鍋に入れて火にかける。
④次第に粘りが出てくるので、よく練りながら火を通していく。
⑤器に黒豆を少し入れて④をいれて、上にはラップをして2時間以上冷やす。
⑥さらに黒豆と黄粉をトッピングする。

乳製品なし 卵のチカラでふんわりしっとりのスポンジケーキ 

DSC_0756.jpg

今年の我が家のクリスマスケーキ
ずいぶんお手伝いしてくれたしおん
シロップを打つのも
クリーム塗りも
トッピングもそれなりに母の言うことを聞きながらも
自分好みに仕上げていったから
ずいぶん満足顔だった。


いろいろ作ってみて
国産小麦で、バターなども使わず
卵だけでちゃんと膨らむレシピ。
知り合いに子どもの集まりにと一昨年のクリスマス会で頼まれ、
何度か試作していい感じにできた。

ふわふわしすぎず、少しもっちりとした食感もあるけど
ちゃんと口どけもいい。

シンプルな土台は、素材選びが大事



材料(丸型20cm)

卵 4個
きび砂糖(もしくは甜菜糖) 100g
はちみつ 15g
小麦粉(ふるう) 130g
豆乳 60cc
菜種油 40g
バニラオイル 少々

1.卵は卵白と卵黄に分ける。卵白を泡立て砂糖とはちみつを加えメレンゲを作る。
このとき砂糖は2回に分けて加える。
模様がしっかり残るくらいに、できればハンドミキサーで泡立てること。

作業中1

作業中2


2.1に卵黄混ぜながら加える、
3.小麦粉を加える。ミキサーから泡だて器に持ち替え、混ぜては落とすようにするとよい。
混ざりきらなくても最後はへらに持ち替えさっくりと混ぜる。
4.小鍋に豆乳と菜種油、バニラオイルをいれ、混ぜながら軽く温める。
5.3に4を混ぜる。そこからひっくり返すように、ボールを回しながら
手早く混ぜる。
6.型に入れる。ボウルに最後の方に残った生地は周りに流すように。
7.表面をきれいに整えたら、4,5回高いところから落とし、170℃のオーブンで約40分焼く。

スポンジケーキ2


8.焼き上がりも1回落とす。型から外してケーキクーラーなどの上に
さかさまにして2~3分おき、表に返したら濡れ布巾をかけて冷ます。

自家製酵母・国産小麦でシュト―レン

DSC_0414.jpg

ラム酒漬けのドライフルーツ、オレンジピール、栗の渋皮煮…
今年こそは挑戦と思ってコツコツためていたフィリング

パンと同じ自家製酵母使用のシュト―レン

バターと甘さは少し控えめだから
パンとお菓子の中間くらい
でもずっしりとしたおいしさはちゃんとある
我が家のシュト―レンが出来上がりました

もうすでに1/4しかないのでクリスマス前には食べ終わってしまいそう…


ハルユタカ
全粒粉とライ麦粉を使用

DSC_0417.jpg
プロフィール

musoushokudou

Author:musoushokudou
シンプルにくらしたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。