スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そらまめの玄米リゾット

去年の秋に植えたそら豆が収穫期!
ちょっと写真がへたっぴでわかりにくいですが。



まずはそのままグリルで皮ごと焼いて塩で
これが季節の味だ、と嬉しくなる。

そして今日のお昼はキャベツとともに豆乳でリゾットに。
でも、旦那が店の試作で残ったというパルミジャーノを
少しだけかけて、後はブラックペッパーで仕上げて。


久々に洋ものを食べたような・・・
きれいな緑色にうっとりするのでした。
スポンサーサイト

アジアンな春雨野菜炒め


うちの姫の湿疹は鉄分・亜鉛不足ではなかろうかということ。
血液検査の結果、問題なほど数値が低かったわけではないけど
平均値よりヘモグロビンやら何やらが少し足りないようだ。
確かに妊娠中も何度か鉄剤を処方されたし・・・
普段病気もせず風邪すらひかず
自覚症状がなかっただけにかなりショック
まだ、アレルギーかもという心配もあるし

とにかく鉄分を摂ろうと、せっせとひじきやら
切り干し大根やらプルーンを食べる今日この頃。

普段はお肉を食べないけど、たまにはと思ってレバーを買ってみた。
キャベツとなすとしめじ春雨とともに
アジアン風の炒め物
わさわさしてきたうちのパクチーをたっぷりのせていただく。

珈琲とパフェでちょっと息抜き

先日、妊娠中に雇っていただいたカフェギャラリー「益古時計」を
ひとりで訪ねた。
今、ちょっとお小遣い稼ぎ程度にライターの仕事をやらせていただいてるので
その取材がてらに。
旦那がいるときでないと出来ないので今はまだ少しずつだけど
これからはもっと頑張りたいなと・・・

で、写真を撮るついでにオーダーして食べたのが
こちらの珈琲とブラウニーパフェ。


久々に普通に甘いものを食べてしまいましたよ。
ああ、でもやっぱりアイスは美味しい
そしてこちらの珈琲はオリジナルをネルでハンドドリップ。
久々に一杯飲んだ。

働いてた時は大きいおなかで、やっていたものだ。
お客さんの少ない夕時にじっくりと淹れられる珈琲は
気持ちを集中して、いい感じにできると気持ちのいいものだった。
(残念ながら妊娠中から味見程度にチョビット飲むだけだけど)

娘の湿疹がすこ~し回復の兆しが見えて
少しだけ気持ちも軽くなり、
いつも我慢してる甘いものと珈琲で
ちょっと息抜きできたひと時


たけのことわらびの炊き込みおこわ



相変らずかわいい姫のほっぺは真っ赤でジュクジュクしたりしてる
かわいそうでたまらないが
とりあえず今は母は耐えるしかない

寝入りばなや起きそうな時
とくにかきむしるので
最近まともに寝れないし
家事もなかなか手につかず

そんな中、おとといは雨で暑くもなく
お肌も乾燥しなかったせいか
お昼寝もわりとすんなり

そこで、この日はちょっと時間をかけてご飯を作ろうと
いただきもののたけのことわらびで炊き込みおこわを作ってみた
わらびはもう前日にあく抜きをしていたので
たけのこのあく抜きをして、
また土鍋で、今回はもち米と玄米を2:1でやってみた

今年最後のたけのこかしら
しみじみ噛み締めて春の終わりの味をたべた

「育ち」へのよろこび




うちの姫も最近目の前のものを手で取っては握るようになった
それを発見したときはおおっと、感動。
喜びも多い日々なのですが
最近は乳児湿疹が悪化して何をしても落ち着かない日々。

乳児湿疹は仕方がないことだからと、
清潔にして様子を見ていたけれど
じゅくじゅくがひどくなったので
一度皮膚科に行ってやむなくステロイドのお薬を塗り、
2日で治まったからほっと安心していたのだけれど、
また出てきて、また少し薬を塗って、また出て・・・
やはりステロイドの薬は症状を抑えているだけで悪循環なのね、
と思いとりあえず薬は中止。

自然療法では三年番茶やよもぎの煎じた汁で洗うといいとか・・・
こうなったら試してみようかな


そして4月から我が家の見に菜園も種まきが始まり活動再開
とりあえずバジルとコリアンダー、春菊がだいぶ成長してきた。

遅れて蒔いた十六豆と茶豆の芽も出てきた。
茶豆は去年の夏、祖母の育てた茶豆をいただき、
一部干しておいたもの。
芽が出るかどうか、というところだったけれど
ひょっこり芽を出してきた。
かわいいなあ

こうして命を育てることで日々良く観察し違いを実感できることって
すごいことだ、と痛感する。

お食い初め

昨日はうちの姫のお食い初めをしました。
お宮参りした神社の神主さんが
この地域は生後110日目か120日目にやるといっていたので。

本当はちゃんとした食器も用意してあげたかったけど
基本的に離乳食始まっても使うのってお茶碗くらいだしな、
と思い汁椀だけ漆のを買い
あとは私が陶芸で作ったものなどを使用。





お赤飯は土鍋で炊いて、一応尾頭付きの鯛(ミニサイズです)
あとは季節のものを用意して・・・



かわいいお口にちょんとつけてあげるだけ。
早く一緒にご飯食べられるのが楽しみになってきた。
なんて言ったら
そのころにはきっと毎日バタバタで、食べるのもぐちゃぐちゃだよ
と言われる。

まあ確かにそうだなあ



土鍋で炊くお赤飯は、大好きな高山なおみさんの作り方を参考にしました
<もち米3合
 小豆100g
 塩ひとつまみ

もち米は一晩水につけ、ざるにあげておく
小豆は渋抜きしてゆでておく
水は米の2割減で、小豆のゆで汁をあわせて430cc
土鍋に材料を入れ、火にかけ
沸騰したら弱火で10分。
あとは蒸らして出来上がり。>

益子の陶器市



ここ益子では春と秋年に2回の陶器市が開かれるのです

陶器はもちろん、皮小物や服、盆栽などもの作りのひとたちが
たくさんのテントを出している

毎年、カフェで働いていた私ははじめてのんびりのこの時期
娘を連れて少しうろうろ

しかし人の多さにちょっとひく
ベビーカーを押していくにはかなりの人通り
ああ、いつもひっそりとしている町はこうまでなるものなのね
確かにいままで忙しかったわけだ

知り合いのテントを見て、そそくさと退散
結局家でお茶してるのが今は一番なのかな



そんなわけで旦那が店の試作で作ってくれた洋梨タルトで
ほっと一息
それにしてもバターの入ったお菓子は食べれば美味しいけど
やっぱり私にはヘビー

おぼろ豆腐丼の美味しい季節

五月です

田んぼに水が入り、
日が落ちて薄暗くなる頃、かえるの合唱が始まる
夏も近づいてるのだなと
心地よい気分になる




うちの定番といえば定番なのだけれど
暑くなって来るとよりいっそう食べたくなるのが
このおぼろ豆腐丼



寄せ豆腐、油揚げ、大豆と大豆製品たっぷり
黒糖と醤油とごま油の甘辛ダレに
かつお節とごま、ねぎ、きざみ海苔もトッピングして
昨日は青海苔とせりのお吸い物とキャベツの炒め物と一緒に

簡単だし、一気に食欲が出てくるのでこれからの季節にぴったり
プロフィール

musoushokudou

Author:musoushokudou
シンプルにくらしたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。