スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きびのおはぎと たべることについて思うこと



秋分の日も過ぎて、これからどんどん日が短くなるのだなあと
夕暮れに家の電気を点けるときに思う
さてさてお彼岸なのでおはぎを作りました
うちの定番は雑穀で作るきびのおはぎ

もち米より手軽だし、栄養も摂れるしという感じでおすすめです

こんなことも子どもとできるようになると楽しいし、
やりがいも出てくるだろうなあ

この前参加した子育てについてのセミナーでもやはり食の大事さについて助産師さんがお話してました。

きちんと食卓を囲んで、インスタントやお弁当じゃなく
お母さんが作ったものがよい、と。

それはもう十分にわかっていることではあったけれども
改めて気づかされたことがひとつ。

何人かの子どもと話していてわかったということで
「ご飯もろくに作ってくれなかった」と言って
15でみごもってしまった不良少女

「私はいつもお母さんが買ってきてくれたお弁当を食べてました」
という子。

食事の内容はもちろん大事だけど、
「あなたの為に用意した食事よ」ということが伝わることが
結構重要なのだと。
そのことでゆくゆくは感謝の気持ちが持てるようになるのだと。
ご飯を用意してくれたお母さん、一家を養うお父さん
そのご飯=生産者への感謝
作物や生き物への感謝。

そしてこのように語っていた
「私たちの多くは食べ物を得るために田畑を耕したり、
家畜を育てて手を汚すことはほとんどありません。
だから食べるために頑張ってお金は稼いでいる。
けれども最近ではそのお金を払うことすら嫌がります。
1円でも安いものを求めようとしています。
これで食べ物に感謝の気持ちが持てているのでしょうか。
払うお金は作っている人たちへのせめてもの気持ちなのです」

確かにこれが顔が見えない世の中の行き着いてしまった先なのか
とも思った。
野菜が高い、肉が高いと言いながら食べ物の廃棄の量が
膨大なこの日本。
なんか変だと多くのひとが気がついてはいるはずなのに・・・
かといって食品偽装や農薬まみれの野菜、
薬漬けの家畜を安く大量に作っている生産者だっている。

お互いが見えずに、感謝の気持ちもないと
何でもありになってしまうのかと

だからせめて素材を見極めて、多少高くても安心できるものを買うし、
そんな素材だから最後まで大事に使いたいと思うし
できるものは自分で作ってみてその苦労も味わいたいし、
美味しい野菜をいつも分けてくれる知り合いの農家さんには
お礼は欠かさない。
そういう事が全て当たり前のことだと
日常の暮らしの中で
子どもにも伝えられたら、と思ったのです

スポンサーサイト

うちのトマトちゃん




もうすぐ秋分ですが・・・
うちのミニ菜園のトマトが最盛期に

夏場一度寒い時があったから3個くらいしか実がつかずにいたのに
その後ぐんぐんと伸びて実をつけ今が盛り
でももうおひさまのパワーも少ないから
赤くならずに終わっちゃうのも多いのかな

でも美味しいし、何にも肥料上げてないのに上出来!
やっぱりコンパニオンプランツで、
バジルが隣にいたのが良かったのか?

夏はおうち菜園が充実する季節。
秋用の春菊も芽が出てきたし、もうしばらく楽しめそう

ほんのこれだけでも土に触れられてるって
ココロとカラダにいいと思えるのは私だけではないはず

さてそのトマトでシンプル料理
湯向きしたトマトにうすくずあんをかけて、バジルを散らして
なんとも和と伊の融合した一品に

もっちもち 大根餅


最近重めの野菜はよつば生協で注文しているのですが、
なかなか美味しい泥つき大根
夏場はとにかく大根おろしとこの大根餅が我が家の定番に。

大根を腕が痛くなるくらい一生懸命すりすりとすりおろし、
水を切るといつも「こんなものか・・・」
と思ったより少ない量にちょっとがっかりしつつも
片栗粉と塩、干しエビやねぎやゴマなどを混ぜて
ごま油で焼いて
もちもちの大根餅に
点心ぽいかんじでからし醤油でいただきます

これ、旦那のお気に入り
もっと食べたいと言われても
「じゃたまにはたっぷり大根すってちょうだい」
なんて言うのがいつもの会話

でもそろそろ煮物が恋しい季節だなあ
朝晩ぐっと冷えてきて
湯気とかあたたかいお風呂とかがいいなあって思うようになってきた
この頃

おみそができました



寒のころに仕込んだ今年の味噌
http://blogs.yahoo.co.jp/ikesaga/7908462.html

一年くらい寝かそうかなあなんて思っていたけど
この前様子を見てみたらもうバッチリじゃないですか
熟成具合もいい塩梅
美味しい美味しい

ちょうど使っていた味噌が切れそうだったから
もう買わないでこれ使っちゃおうと

その日の夜に作ったお味噌汁
旦那が「いつもよりなんか美味しいけど、なんか変えた?」
と早速反応。

やっぱり手前味噌ですけどうちの味はいいね
今年はいただき物の大豆でたっぷり仕込んだから
しばらくはこれでもちそうだ

考えてみれば姫が生まれる1週間前に仕込んだもの
なんか感慨深いなあ

美味しい味方 あわめん


姫の母乳の為、粉もの除去中の私
でもでも麺が食べたいなあと思っていたこの夏
一回だけ十割蕎麦を食べたけどなんだか大丈夫かなあと不安を抱えながら食べた
少し罪悪感のようなものがあって気持ちよくずるずるとは食べられず

スーパーでの買い物中そんな私の目に入ってきた
あわめん、きびめん、ひえめんの雑穀めんが売られていた
しかも割引して!
商品入れ替えの為半額になっていてしかもそれまでこの店にあることに気づかなかった!


ネットなどで買えるのは知っていたけど、
高いし、そこまでしなくてもお米食べていればいいか・・・
と諦めていた

原材料を良く見るとうるちあわとタピオカでんぷんのみ
この麺のえらいところはうるちのあわ、きびを使用していること
米をはじめ、もち系は母乳トラブルが出やすいそうなんで

もう9月に入って夏も終わりだけど
日中の残暑が厳しい今日この頃

冷たくした麺にごま油と甘辛だれ
キノコと新たに芽が出てきたパクチーをトッピングして

モロヘイヤたっぷりで 野菜と豆の煮込み


ずいぶん涼しく、秋らしくなってきたこの頃
夜の虫の声も変わってきた。

台風の日はかなり寒かったので温かいものが食べたくなり
ちょっとした煮込み料理

そんなたいそうなものではなく
家にある野菜と冷凍してある大豆を軽く煮込んだだけ
ポイントは仕上げに刻んだモロヘイヤをたっぷり加える
適度にとろみもつくし、栄養価が高いからビタミンもしっかり摂れる

寒くて肩が凝ったし、鼻がずるずるする
なんて言ってる旦那にしっかり食べてもらいました

プロフィール

musoushokudou

Author:musoushokudou
シンプルにくらしたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。