スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すり鉢使ってカンパーニュ


とりあえずでっかいパンを焼きたくなった
素朴で力強い感じのする

そうだカンパーニュを焼こう

で、バヌトン型は仕舞いこんだのを出すのがちょっと面倒で
よくざるなんかを利用したりするのも本に書いてあるんだけど
目に付いたのがすり鉢
この模様がきれいに出るんだろうかと試しにすり鉢に生地を入れ
二次発酵

取り出すのにちょいと苦労して表面崩れたけど
焼いたらそれとなく様になった

シンプルだけどじんわり甘みのあるカンパーニュの出来上がり

<カンパーニュ生地>
地粉250g
全粒粉50g
酵母100g
はちみつ20g
塩6g

スポンサーサイト

HBで米粉パン かぼちゃ入り

DSC_1259.jpg





なかなかこれというできにたどり着けない米粉パン
まあそれなりには美味しいけど
人にあげられるレベルではないし・・・

で、今回試してみたかぼちゃ入り
どうしても表面がせんべいのように固くなってしまうので
これでソフトな焼き上がりになるかと期待
米粉の本にもパンには米粉以外のでんぷん質をプラスすると
パンの老化がしにくいというので片栗粉やタピオカ粉を入れていたんだけどかぼちゃもでんぷん質あるし、ビタミンもアップだし、と

で、やっぱり膨らみは良くない
サフとかのドライイーストじゃないとHBの発酵時間に合わないのかな
でもしっとりして、表面のかちかちは弱まった!
そしてやさしい甘味が美味しい!

姫もむしゃむしゃ食べてくれるし(相変らず反芻してますが)
これはこれであり・・・と

<かぼちゃの米粉パン>
米粉250g
かぼちゃ80g
てんさい糖30g
塩小さじ1
白神こだま酵母5g
水200g
菜種油50g

あんこの入ったブラウニー



もうすっかり過ぎていましたが、
今年のバレンタインはあんこの入ったブラウニーを作った
「和のスイーツ」の本に大納言のガトーショコラというレシピがあって
バターを使わない代わりにコクをプラスと書いてあったので
なるほどなるほどと、まだ冷凍庫にあるあんこを利用して
ブラウニーに。

いつもバターではなく菜種油を使ったレシピだからちょうどいいし、
チョコとあんこは前々から合うよな~と思っていたので

あんこが入ってるとはわからないくらいだけど
時間が経てば経つほどしっとり感が落ち着いてきて
よく味わうとあんこの風味らしきものが感じられた

甘い物好きの旦那も喜んで食べていた
贅沢なスイーツはどうせお店で作っているから
せめてうちでは素朴な手作りをどうぞって感じで

野菜ごろごろ米粉のクリームシチュー


小麦粉アレルギーの娘のために
米粉でパンやおやきを作ろうと米粉を常備するこの頃
料理にも結構米粉を活用するようになった

作るものによっては案外小麦粉より扱いやすいかもしれない
といろいろ実験中

で、小麦粉よりいいかもと思ったのがこのクリームシチュー
ベシャメルを油と小麦粉で一度合わせてからという作業もなく
牛乳もしくは豆乳と混ぜておいてお鍋に入れればいいし、
ダマにもなりにくい

目分量で作ってしまったのでレシピはなしなんだけど
米粉と牛乳で作ったベシャメルの中に
重ね煮したお野菜とその時出たスープをいっしょに入れてできあがり
まだ離乳食中の姫には野菜を軽くつぶして

いつもは我が家は豆乳なんだけど実はこの前のアレルギー検査で
大豆の数値が上がってしまっていたので
豆乳ではなく牛乳で
私が大豆製品に頼りがちだからなのか・・・結構ショック

きなこと黒ゴマのあんぱん&あんこロール





昨日がとても暖かかったからきっと発酵がいいはず
と思い昨日パン生地を仕込んでおいた
昨日の姫が良くお昼寝してる間にHBでこねだけお願いして
一晩ゆっくり発酵

いつもごついパンなんだけど
久々にころんとした甘いパンも作りたいなと思い
冷蔵庫にあったあんこを使って変わりあんぱん

それでもやわやわのパンでは物足りないので
生地には全粒粉をたっぷり、きなこと黒ゴマもプラス
発酵してる間にもボールをのぞくといい香り

ひとつはクルミを混ぜたあんぱんに
もうひとつはあんにシナモンを混ぜ込んで
異国情緒のある香りのするあんこロールにしてみた


いつもこうなんだよね
ただのあんぱんでは気がすまなくて、
何やら創作的なことをやってしまう欲張りというかへそ曲がりというか



焼きあがるころには姫はすやすや
ごめんねお母ちゃんだけ焼き立てをいただきました
最近私が食べてるもの欲しがるから困るんだよなあ
あげられればいいんだけどね

<きなこと黒ゴマパンの生地>
地粉200g
全粒粉80g
きなこ10g
黒ゴマ10g
豆乳100cc
水100cc
てんさい糖30g
塩6g
酵母100g
材料を全て良く混ぜてこねる→一晩寝かせてから
成型して、二次発酵→200度のオーブンで20分焼く

のどの痛みに大根はちみつ



アトピー・食物アレルギーはあるものの
1歳になるまで病気もせず、熱も出さずで毎日元気な我が子
ただ先週から鼻水がなかなか止まらずズルズル
授乳中はフガフガ
気がつくとお鼻周りはガビガビ
それでも元気ならばと足湯をしたり、つぼを押したりしてしのいで
基本病院には連れて行かない

で、さらにのどもちょっとガラガラしてきてしまったようなので
今度は大根をはちみつに漬けたものを


これがのどには効果てきめん
自分ものどがちょっとイガイガしてきたなと思ったら
生姜茶やこれを飲むとなんだか調子いい

はちみつももう1歳過ぎたから大丈夫でしょうと
ひとさじあげると甘いから大喜び

お友達の赤ちゃん立ちも結構鼻たらしてるから
今の時期は仕方ないのかなあ

我が家の味噌仕込み 2010




冬の恒例となりました

旦那の休みに合わせて味噌の仕込み
ギリギリ寒の内だったけど
雪降る寒い日で
味噌を仕込むにはいい感じの日和

大きめの鍋を3つ総動員してはじめた
もうもうとだいどこでは湯気が立ち上って
窓は曇りガラス

ちょうど豆が柔らかくなるころ
姫はおねむの時間
これはしめたぞと柔らかくなっていった豆から
どんどんつぶしていく
これがなんとも地道な作業
でもすり鉢マニアなわたしにはやっぱりフードプロセッサーより
からだに馴染む

旦那と二人向かい合ってこつこつとつぶしていく
合間におにぎりをたべたり
大豆に砂糖醤油をかけて食べたり
そのまま食べてもお腹にいいと聞いたので
麹を少しだけつまんでみたり

そろそろ終わりに近づく頃
姫が起きてきた
今日は絶妙なタイミングだなあと

最後だけちょっと参加して
というか記念の撮影だけ

今年も無事に仕込みは終わり
美味しくできますように

プロフィール

musoushokudou

Author:musoushokudou
シンプルにくらしたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。