スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おうちプリン

DSC_1361.jpg

DSC_1366.jpg

暑いから粉ものばかりもちょっとくどい今日この頃

久しぶりにおやつにはプリンを焼いてみた

生クリームを少しだけ加えた
どっしりプリン

DSC_1360 (2)
スポンサーサイト

パン屋さん立ち寄りメモ Panetteria Vivo

昨日宇都宮の八幡山に遊びに行こうと思い
お昼はどうしようかなあ、なんて考えていたら
その近くに宇都宮でもNo.1じゃないかっていうくらいの
人気のパン屋さんPanetteria Vivo(パネッテリアヴィヴォ)さんがあることに気づき
ではパンを買って公園でいただこうということに。

平日の2時近かったけれど、店内はお客さんが6,7人
対面販売でスタッフも結構いた

甘い菓子パン系から食パン、サンドイッチと種類は豊富で
どれにしようか迷う暇もなく
とりあえず片っ端から気になるものを買ってみる。

対面販売って…おろおろ迷ってられないなあ

外にはスーツを着た男性2人がばしばし写真を撮っていた
人気店だけあって視察かしら


そんでパン持って八幡山へ

IMG_2728.jpg

ミニ食クリームパン(¥170)というのは小さい食パンの中にはクリームがずっしり
他にもサンドイッチとかベーグルなども買ったけどどれも良心的なお値段!
自家製酵母とか天然酵母のパンではないけど
どれも商品がしっかりしてるなあ

野外ゆえにあまり撮影もせずむしゃむしゃ…


その後は初めての八幡山を散策&遊ぶ

IMG_2732.jpg

長ーい橋の向こうには宇都宮タワー
木陰も多くて気持ち良い


さて、おうちに帰ってから唯一手を付けなかった角食パンのもち麦食パン(¥260)をパチリ
この餅の焼き印が何とも印象的
もちろん、モチモチした食感がウリでこれもまたふわふわしすぎずおいしい


DSC_1359.jpg


ここのところ自家製パンで満たされていたから
パンを買うことなかったけど
やっぱり時にはパン屋さんのパンは食べてみないとね
 

レモンとポピーシードのスコーン

DSC_1320.jpg

最近じゃ焼き菓子も自家製酵母をよく使う

膨らませる目的以外にも
酵母ちゃんたちがしっかり粉ものに風味を与えてくれるから
バターを使わなくても
ただ粉とか副材料以外に深い味わいと香りが出てくる

レモンとポピーシードのスコーン
こちらはバターなし、卵なし
でもしっかり味わい深く仕上がった

レモンとポピーシードの組み合わせというのは
こちらからヒントを得た

なかしましほさんの「まいにち食べたいごはんのような ケーキとマフィンの本」

この中にレモンケーキというレシピがあって
レモンとブルーポピーシードのパウンドケーキだった

これが一見地味なようだけど
なかなかの組み合わせ

プチプチの食感と香りがさわやかなのです

<レモンとポピーシードのスコーン>
国産薄力粉 200g
全粒粉 60g
きび砂糖 60g
菜種油 60cc
自家製酵母 大さじ2
豆乳 40cc
ベーキングパウダー 小さじ2
塩 ひとつまみ
レモンの皮のすりおろし 小さじ2
レモン汁 大さじ1
ブルーポピーシード 大さじ1

どっしりみっしりライ麦パン フォールコーンブロート

DSC_1099.jpg

最近すっかり我が家の朝食に登場することの多くなったライ麦パン

私は本当にふわふわの日本的パンよりも
クラムにすごい気泡の入っているバゲットっぽいものよりも
みっしりしたパンが何より好物

ビタミン・ミネラル・食物繊維もとれるように
雑穀やナッツ系も入れれば、
おかずがそんなに用意できなくても
あとはスープや野菜ジュースでも用意すれば
満足な朝ご飯に。

何より噛みしめていろんな味わいのするパンが食べたい!

というわけでライ麦が主体のこんなパンがいいのです。

ドイツのライ麦のパンはライ麦や小麦の配合で様々な種類がある、ということは
吉祥寺でお気に入りだった「リンデ」というパン屋さんで知った。

で、今回のこのパンは「フォールコーンブロート」に近いかな。

フォルコーンとは…「全部」と「穀物」という意味で、
ライ麦全粒粉を使用した場合、ロッゲンフォルコーンブロートと呼ばれる。
フォルコーンブロートは一般に生地は型に入れて焼成される。
さらに、大豆、あわ、ひえ、大豆など様々な穀物が練り込まれたものもある。

らしい。


今回の配合は
ライ麦70%
ホールライ麦10%
ハルユタカブレンド10%
ごま
ヒマワリの種
オートミール 
レーズン

mirror season


IMG_2679.jpg


IMG_2722.jpg

最近どこかで読んだ文章に書いてあった
外国人の方はこの時季の日本を
mirror seasonっていうんだって

なぜかって、雨が降ってあちこちにできる水たまり
そこに映る景色を見てそう思ったとかなんだとか

今日そんなことを思い出して水たまりをのぞくと
へぇ、おしゃれなこと言ったもんだねえ
と心の中で呟いていた

二羽の鳥 と 
薄く、でも確かに大きく見えた夕暮れの月

明日はスーパームーンで月が地球に最も近づく日に満月になるんだとかで
今日の月も確かに大きかったし、
帰り道に天体望遠鏡をベランダに出して眺めているおじさんがいた

濱田家のヨーグルト

IMG_2707.jpg

先日いただきました。
濱田庄司の奥様がブルガリア大使館で分けてもらって以来、
濱田家で継いで作られているというヨーグルト

濱田家ご婦人から伝授したレシピは
44℃に温めた牛乳1リットルにヨーグルト大さじ2を混ぜて
3,4時間保温するということ。

学生の頃カスピ海ヨーグルトは作ったことあるけど
最初は酸味が少ないのもいいなあなんて作っていたのだけど、
酸味がなくてどろ~んとしたヨーグルトは
なんだかボンドみたいかも…
と思ったらすっかり関心がなくなってしまったという記憶

でもこのヨーグルト
一口食べれば市販のブルガリ〇ヨーグルトよりももっと
味わい深さと
独特の酸味があって
発酵食品好きの血が騒いだ

さて、レッツトライ

梅仕事

DSC_1272_convert_20130618144724.jpg
恒例の梅仕事
毎年この時季だけだから楽しみ

その季節限定の旬の味を閉じ込める、
という作業は本当に季節を感じられるし、
食べる楽しみもできるし
好きだなあ

さて、青梅と少し色づいた梅をミックスし、
氷砂糖と蜂蜜も加え、ホワイトリカーに漬け込む

ただ、それだけだけど、
この梅の綺麗な色合いや
香りを楽しみながらの作業はたまらない


うちの梅酒

梅 1.5kg
氷砂糖 600g
はちみつ 200g
ホワイトリカー 1.8l

DSC_1271_convert_20130618165449.jpg

「しおんもお手伝いする!!」と言ってよこからのびてきたおてて…

最近作った自家製パン

DSC_0819_convert_20130615233231.jpg

最近相方が凝っているライ麦パン。
今まではあまり膨らまないパンは作りたがらなかったのに
酒粕で作った酵母が、ライ麦の風味とよく合うという
そしてサワー種ではないので、
ほどよい酸味を与えるためにヨーグルトをプラス。

実に私好み
ずっしり、どっしりしていて
噛み応えのあるパン


DSC_1071_convert_20130615233538.jpg


もうひとつ。
私たちが昔からお気に入りであるKIBIYAベーカリーの本を最近見つけたので
それに触発され、作ってみた全粒粉のクロワッサン

さくっと軽い口当たり。でも甘くて、バターがこってりして後悔の渦…
みたいにならない
ザクザクとしたクロワッサンなのだ。

これまた最近購入した益子の遠藤さんのお皿に載せてみると
自分でもびっくりのいい眺め。


暑くなるので、オーブンで焼き締めたものは
なかなか食べにくくなるのだけど
やっぱりパンは好き

お引越し&ブログ再開してみようと思ったのだ

テスト・テスト

妊娠中から子育て初心者のころ綴っていたブログを改めて引越し、

ブログなどまた書いてみようと思ったのです
プロフィール

musoushokudou

Author:musoushokudou
シンプルにくらしたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。