スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の音と湿度計

IMG_0248.jpg

IMG_0250.jpg


スターネットという場所で過ごした日々を想った今日
ふと、頭に戻ってきたのが
あの場所での日々と綴った文章のこと。

ずいぶん手を付けてなかった本棚の一冊を取る。
1年ほど「fooga」という本に連載していただいたエッセイ。
ちょうど夏のころに書いたものの書きだしは
偶然にも
6年前の7月が終わる今日の日のことだった。

タイトルは「夏の音と湿度計」とあった。


『八月に入るひとつ前の日に、滑り込むようにここにも夏がやってきた。
それは昨日までのまとわりついてくる重たい空気とも違い、
暑いけれど心持ち爽やかな風が吹いてきて、肌を滑るように通り過ぎた。
窓の外で日差しは影を色濃く映し、蝉が一斉に夏の訪れを喜ぶかのように鳴いている。
そんな景色を眺めながら
「ああ、夏っぽくなってきたね」と、隣にいる子につぶやく。
「梅雨は明けたのかね?夏だねえ」と応える。

 閉ざされて、音がどこかに吸い込まれてしまったかと思うくらいのしんとした冬とは真逆に、
夏の益子はいろんな音に囲まれて賑やかだ。
朝と昼と夜で違う虫たちの鳴き声とか、田んぼで合唱する蛙の声。
突然降る夕立の激しい雨音や雷鳴。
元気に通り過ぎる子供たちの声・・・
街にいては分からない、
たとえ聞こえていたとしても騒音の中のひとつになってしまうような自然の音たちが
ここでは瑞々しいまま、心地よく響いてくる―』




「せっかくの経験もあるし、書いてみたらどうかな」
そう言われて、益子に来ても文章を書けるチャンスを与えてくれたのだ。

毎日せっせとスターネットのキッチンで料理をし、
時に小さな畑の世話をしたり、森の中を歩いたりもした。
たくさんの作家さんの展覧会を見て、小さなライブを聴く楽しみも味わった。

そんな日々の中で見たもの感じたことを
なるべくそのまま伝えられるようにと思いながら書いたものだ。

今読み返すと、何のテクニックもなく
そのまんまで恥ずかしいようなところもあるけど、
本当に毎日が新鮮だった。


結局そこでいただいた日々や学びのご恩をお返しすることもなく、
とても中途半端な形で終わってしまったことを
今でもどこか心残りに思う。

感謝の気持ちは行き場がなく
ただただ胸にしまっておくしかできない。



『益子の夏は自然の音で満たされている。
ちょうど店を閉める夕刻に、切なげに蜩が泣く。
氷を入れた水を飲む人のコップがカランと鳴る。
ふと椅子に腰掛けると蚊は耳元で煩わしい羽音を立てる。
蚊取り線香の煙がすうっと立ち上り、ちょっとした空気の揺れで煙も傾く。
そんな夏のひとコマはしっとりとした音が馴染んでくる。
耳に届く音も、鳴らない音も。薄暗くなってもまだ、蜩は遠くで鳴いている。
何かを惜しむように鳴いている。』
スポンサーサイト

カンパーニュでカレーチーズトースト

カレーチーズトースト

キーマカレーが残っていた朝。
そのまま2日目のカレーももちろんおいしいけど
さらにチーズもあれば
このチーズカレートースト

しっかり食べたい朝に特におすすめ
食パンではなくカンパーニュだと
パンがカレーにもチーズにもが負けない感じもよい

とにかく乗せて焼くだけ

吉澤さんのプレートに載せると本当にかっこいいな

まったりカフェタイム

IMG_2855.jpg

この連休も仕事、昨日の東京行きの取材に続けて
今日も取材が入っていたので
なんとなくゆとりの時間と頭の整理の為にと思い、
今日の撮影の後にちょっと休憩

益古時計さんで甘い甘いスイーツと美味しい珈琲を。
本当にしっかり甘いブラウニーとアイスのパフェ。
そしてエスプレッソの苦みがしっかりのこっくりとしたカフェラテ

早々にランチが売り切れたらしく、
2時過ぎにお客さんは私だけ。
キラキラとした緑を眺めながら
ほんのわずかの贅沢な時間。

こんな時間を本当にたま~には取って
リフレッシュしたり
気持ちを切り替えたりしたいものだわ

やっぱりおいしい山食

DSC_1278.jpg

山食、食パン。
あまりミルクだのバターだのを使うパンは
うちでは登場しないけど、
やっぱりふんわりもっちりしたパンもいいな

代用は豆乳と菜種油で。

はるゆたかの小麦粉はふくらみがいいだけでなく
やっぱりうまみがしっかり

DSC_1281.jpg

自分の書きたいこと

PB110035.jpg


今日はタノシムクラシの打ち合わせがあった
長い話し合いの中で
いろいろな雑談もあり
そのあとに自分が書きたいこと、
その本で書くべきことなんかを
とりとめもなく考えてみた


どうしても本を作るってなると
素敵だったり、格好よかったり
読んだ人の役に立つ情報がそこにはないといけないものだ
だからどうしたって少しかっこつけてしまったり
現実よりもいいふうに書いたり表現することもある


でも、自分がもっと書きたいことは
本当はそれとはちょっと違うこともあるんだっていうのが
頭の隅にあったりする


「大事に育てる悲しみもある
 乱暴に壊す幸せもある
 嘘もつく 罠もはる 誠実にだます神もいる」

というのは『僕はmusic』より

教科書通りのことばかりじゃない
捻じ曲がったりすることとか
複雑なこともある そうだろ?
という
すごく自分にはしっくりくる一篇


私の好きな高山なおみさんがある雑誌で語っていた


「…料理では表現できない部分も表すのが文章かな。
料理やレシピの世界は健全で、清潔で、おいしそうでなければいけないと思うし、
余計な要素のないそぎ落とされた簡潔な世界。
でも私が思う“料理”は食べ終わったお皿のギトギトも、
肉から流れる血も、おいしいものをつくるために生まれたゴミも含まれているんです。
それは生々しかったり、影の部分だったりするけれど、本当のこと。
それを文章で書いている…」

という文章を読んで
頭にガツンときたし
だからこの人の書くものには
強烈に惹かれるものがあるのかとも思った。


お仕事として書くときはもちろん要求されたものにこたえることが必要

でもそれなら
きちんと自分を表現できる場所も持っていたいし
そこでは感じたものを
無理にいいように見せるとかではなく
淡々と正直に書けるようにしたいと思う

3年ぶりの海

DSC_2621.jpg


その日、関東地方は梅雨明け。

栃木は35℃という天気予報。

ちょっと涼しいところに行きたいというのと、
ここ最近しおんが海に行きたいと言っていたので
思い切って大洗へ
水族館のアクアワールドへ行って、海を見せてあげようと思った。


0歳と1歳の夏に茨城の海に連れてきて、
毎年夏は海に行けるねなんて言ってたのに、
あの事故以来、すっかり足が遠のいてしまっていた


DSC_2561.jpg


最初は見るだけのつもりで砂浜へ
ものごころついてからは見ていない海
彼女にとって改めて初めての海を見ていた
…ようだった



DSC_2580.jpg

DSC_2591.jpg

水族館を一通り楽しんではいたけど
やっぱり海で遊びたいらしくそわそわ


最後は結局水に入って遊ぶ遊ぶ
砂を掘ったり、石を拾ったり
延々と遊ぶ
こちらはこちらで、その相手をしたり
眺めているだけでもなんとなく気持ちいい時間が過ごせるものだ

DSC_2556.jpg

DSC_2607.jpg

DSC_2614.jpg



DSC_2609.jpg

やっぱり海っていいなあ
本当に広くて大きいな



おまけ 本当の初めての海

DSC_0747.jpg

自家製印 バナナ&グラノーラのヨーグルト

IMG_2713.jpg

順調にかけ継いでいる、株分けしていただいたヨーグルト

もちろんそのままでも
はちみつをかけるだけでもいけるけど、
私の大好きな組み合わせは
バナナ&グラノーラ

IMG_2812.jpg


軽い朝ごはんにしたいときとか
ゆっくりなお休みの日は、これにさらにパンとか…
おやつにしても、なんでもいい
私の好物
4歳の娘っこも、もりもり食べる

グラノーラだって時々作る
混ぜて焼くだけで実は簡単
レシピに忠実にしなくても
甘さも入れたいものも自分好みにできるのがいいところ
ナッツやオートミールでしっかりビタミン・ミネラル・食物繊維もとれるし

つまりヨーグルトもグラノーラも自家製印にできちゃいました


自家製グラノーラ
材料(いつもいろいろなのでざっくり…)
A
オートミール    100~120g
全粒粉       50g
アーモンドスライス 30g
ナッツ類      1cup
(クルミ、カシューナッツ、ヒマワリの種、ココナッツなど)
シナモン      少々
塩         ふたつまみ
バニラエッセンス  (あれば少々)
B
きび砂糖      大1
はちみつ      大2
菜種油       大3~4

<作り方>
Aをあわせる
Bの材料をよくかき混ぜる
AにBを混ぜあわせる
150℃に熱したオーブンにシートをひいて
その上に広げて焼く。
10分ほどしたらオーブンを開け
全体に焼き色がつくようによく混ぜる。
この作業を2,3回繰り返し、
カリッとしてきたらできあがり。

ドライフルーツなどお好みで混ぜ合わせたり

ドライトマトとオリーブのイタリアンなベーグル

IMG_2762.jpg

ベーグルは大好物なのだけど
作る楽しみはやっぱりクープとか膨らむところとか
そういうのがないのがちと物足りない

そしてカンパーニュなどと違い、
作ったのにすぐなくなってしまうというオソロシサ
どれだけ粉を消費してるんだって

で、こちらは久々の変わり種
ドライトマトとオリーブ、バジルで風味の利かした
イタリアンなベーグル

そのままパスタやピザにもできちゃう具材

うん、贅沢で美味しい!
プロフィール

musoushokudou

Author:musoushokudou
シンプルにくらしたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。